希望通りのアルバイトの見つけかた
実家を離れ、一人暮らしを始めるとアルバイトを探すようになると思います。
地元だと土地勘があるので、求人雑誌に載っている仕事も、知っている飲食店のものだったり、有名な会社だったりと、事前情報があると思います。
しかし、初めて来る街で住み始めたばかりというときは、詳しくアルバイト先について掲載されていてもピンとこないことが多いです。
最初のインスピレーションや時給だけで決めてもいいかもしれませんが、もしかしたらこんなんじゃなかった!と後悔することもあるかもしれません。
せっかく始める仕事なら、できるだけ自分の希望通りがいいですよね。
では、どういうところに気をつけてアルバイトを探すといいのでしょうか。

一つ目に、求人雑誌は一冊で決めないことです。
できるなら3種類位手に入れて、求人を見比べましょう。時間に余裕があるなら今の号と次の号を見比べて、同じ求人があるかどうかも見ておきたいです。

これは、求人がどのような性質か見極めることができます。
たとえば、どの求人紙にも掲載されている同じ求人は、急ぎか大人数必要なところです。
短期なら急ぎの募集でもいいかもしれませんが、急ぎの仕事で長期希望、しかも一人位の募集なら、代わりのいない責任感が問われる仕事かもしれません。時間の融通がきかないこともあるでしょう。
大人数の求人なら、同時期に仕事を始める仲間が多いということなので、初めてのアルバイトなら心強いですね。
また、毎回同じ求人が出ているところは、なかなか応募が集まらないか、応募者が辞退、もしくは落ちている可能性があります。
じっくりと仕事内容と募集元を確認しましょう。

二つ目に、応募の連絡をする前に働く場所を見に行くことです。
仕事を始めたときの交通ルートや所要時間を確認し、通勤をシュミレーションできます。
そして外観などから雰囲気をつかみましょう。
飲食店ならお客さんになるといいです。

少し手間かもしれませんが、自分にあったアルバイトに就くためだと思って、実践してみてくださいね。