短期高収入アルバイトの賢い見つけ方

アルバイを見つけるときってどうやって探していますか?

私はよく知人に辞めてもすぐに見つけれるのはどうして?どうやって探しているの?と質問をされます。

わたしのアルバイトの探し方はいたって簡単です。

自宅のパソコンと、スマートフォンをふる活用して探すだけなのですが、検索の仕方がよいのかもしれません。

例えば、こどもがまだ小さくて近場で探したいときなどは、

検索するときに、アルバイト求人・場所・時給100

0円以上などと、

必ず、自宅近くの町名を入れて検索します。 その際に、時給何円以上短期高収入アルバイトと入れると

時給の安い求人情報が省かれますので見るときに早く自分の希望にあったアルバイトを見つけられます。

また、やりたい事がすでに決まっている時はアルバイト・○○・求人などと

必ずやりたい職業を入れて検索します。

そうすると、やりたい仕事が見つからないときでも

その仕事に関連したアルバイトが見つかり

結果そちらの仕事が自分にあっているということはよくあることです。

とにかく、四六時中検索してアルバイト求人情報を見ているということも大切です。

部屋のパソコンだけで検索していると、

つい求人情報以外の閲覧を始めてしまって気付くと全然探していないなんてことありませんか。

それをやっていると時間ばかり使ってしまって良いことないので、

わたしの場合は探すことに気分が乗らないときには、

スマートフォンでソファなどに寝ころびながら日々検索していました。

肝心なのは四六時中です。

同じキーワードで朝、晩と検索するだけで、良い情報はどれなのか絞られていきます。

毎日検索していると、どの求人情報が貴重なのかわかってきます。

こんな良い求人めったにでないなというのがわかってくるので、そういった求人情報に出会ったときにはすぐに応募するにかぎります。

応募しながら、求人検索はやめないでおくのがベストです

。 1回の応募で受かることはめったにないので。次から次へと探しては応募しておくのが良いでしょう。

結果に1、2週間もかかる会社もありますから。これだけ、ネットが普及している社会です。

アルバイト検索に使わない手はありませんよ♪

アルバイト探し

アルバイト探しはとにかく早めに

アルバイトとは、求人情報を見ているとたくさんの求人があるので、探すことに苦労しないと考える方もいますよね。

しかし、そんなことはありません。

 最近では、インターネットが普及しているため、従来の求人誌を媒介にする他に、

パソコンや携帯電話から簡単にアルバイトを探すことができるようになりました。

つまり、誰でも気軽にアルバイトを探すことができる状況にありますので、

時給が良い、業務内容が比較的簡単など、特別な理由がある求人に対しての応募は早くに締め切られてしまいます。

ですので、このアルバイトをしてみたいと思う事があっても、すでに求人を締め切られているという体験をした方も多くいます。

そんな時には、締め切られる前に応募することが大切ですので、求人情報の更新日に素早く連絡することがアルバイト探しのポイントとなり、この問題の解決法になります。

 また、アルバイト探しをしていると時給が良い、シフトが選べるなど、条件の良いアルバイトを探しますよね。

実は、登録制のアルバイトでも条件の良い仕事はたくさんありますので、雇用形態に拘らずに視野を広げてみることもおすすめします。

例えば、登録制のアルバイトならば、一勤務の給与は決まっています。

その特徴を利用して、作業の終わりが決まっている仕事に就くと、

一生懸命早く仕事を終わらせた場合には、時給で換算すると、非常に高いものになることと、短時間で終わらせることから時間を自由に使うことができるというメリットを発見することもできます。

 アルバイト探しとは、人それぞれ、何を優先するのか違ってくるものですが、やはり求人に対する応募が締め切られる前に面接を予定してもらうことが大事なので、早めに行動することが必要となります。

短期高時給アルバイト求人

短期アルバイトの求人を探す際ににおすすめできる方法

現在、アルバイトの求人を探している方も多いと思います。

この記事を書いている私も去年に転職活動をしている際に次の就職先が決まるまでの間、つなぎでアルバイトをしていました。

アルバイトの求人を探す際に最も効率よく求人を探せる方法はアルバイトの求人に特化した求人サイトを活用する事ではないでしょうか。

私の場合ですと、次の仕事がすぐに決まってしまう可能性がありましので長期で働ける条件を出しているアルバイトの求人は全て不採用でした。

長期で働く事ができないので一般に掲載されているアルバイト求人に応募する事を諦め、短期のアルバイト求人に絞って求人をさがす事にしました。

はじめは一般の求人雑誌や求人サイトで短期バイトの求人を探していたのですが、短期バイトの求人が非常に少なくなかなか見つける事ができませんでした。

毎日インターネットを利用して求人を探していました。

そんな時にたまたま短期バイトの求人に特化した求人サイトに辿りつきました。

詳しく短期バイト専門の求人サイトを見てみると多くの求人を見る事ができました。

短期バイトの求人を募集している企業の多くが派遣会社や人材紹介会社になり、派遣会社や人材紹介会社に登録すれば定期的に仕事の依頼が来ることも求人サイトには書いてありました。

また短期バイトにはメリットが多く、自分の都合が良い日にだけ働く事ができるという事も知りました。

これは自分に合った働き方ができると思いさらに短期バイト専門の求人サイトを見てみると、複数の派遣会社や人材紹介会社に登録し自分の都合の良い日にうまくバイトを入れればしっかり稼ぐこともできるのという情報も収集したので、早速短期バイトに申し込む事にしました。 短期バイト専門の求人サイトを活用したおかげで転職活動中にもしっかりバイトする事ができました。

その上バイトに関する求人情報も多く掲載しているのでバイト探しには大きく役に立ってくれます。

現在、バイトを探している方にはバイト求人に特化した求人サイトを活用してバイト求人を探すことをおすすめします。

自分に合ったアルバイトを探す

アルバイトを探すの為には、まず自分が何を優先したいかについて考えておく必要があります。

勤務地、勤務時間、勤務日数、職種、時給など様々な条件で考えることができるので、その中から自分がどれを優先したいかなというところを決めておきます。

以前はアルバイト情報誌で探すことが主流でしたが、今ではパソコンやスマホを使って求人を検索できるようになりました。

ネットを使うと自分の条件で絞り込むことができるので、非常に便利です。

この絞り込み検索を使って、優先したい条件にチェックを入れて探していきます。

少し気になったものがあれば、お気に入りなどに入れておくこともできるので、

そういった機能を利用するともう一度見たい時に、一から探す手間が省けます。

申し込んで無事に面接まで行った時に確認しておきたいのが、掲載されていた内容と実際の内容が合っているかどうかということです。

私は以前求人には時給800円と書かれていて、面接ではその話をせずに採用されてアルバイトに行ったのですが、

働き初めてから「あれは間違いで時給は750円だった」と言われたことがあり、愕然としました。

そういったことがないとは限らないので、

面接では勤務時間、勤務日数、時給などについてこちらから確認の意味もかねて、触れておく必要があると学びました。

働きたいと思ったお店に対して、面接を受ける前に実際に客として足を運んでおくと、職場の雰囲気や働いている人の様子から、より具体的にイメージ できるので良いかなと思います。雰囲気が良くなかったり、働いている人の感じが悪いと思う職場は、いくら条件が良かったとしても避けた方が良いと思います。

求人は日々更新されていくので、妥協せずに自分に合った職種を選ぶことが大事です。

自分の得意な 仕事ジャンルを見つけてWebの求人情報にとにかく登録しまくりました。

自分の得意なことを見つけてWebの求人情報にとにかく登録しまくりました。

大学に入学したときに自分の得意なことを生かそうという基準でバイト探しをしました。

たぶん身体を使ったり、丁寧な接客をしたりというのはちょっと難しそうだ…というのはで感じていました。

一応ファミリーレストランのホールのアルバイトもやってみましたが1ヶ月で辞めてしまいました。

そこで選んだのは塾講師。浪人をしているのですが偏差値39から65まで1年間で上げられたのでそれを生かそうと考えました。

担当のクラスは高校生の「基礎レベルクラス」。他の講師の人たちは嫌がっていましたが、こここそ私の生きる道でした。

自分がどう勉強してきたのかという体験談も交えながら授業を進めていくと生徒の学力も上がりとてもうれしかったです。

この経験をしてから「人に何かを話す」ということも得意なことに気づきました。

そして掛け持ちしたのが「コールセンター」のオペレーターでした。

電話営業ってかったるそうだったのですが塾講師での経験がとても生きました。

この経験から「人に教える」「人に伝える」などが得意なことがわかりました。意外と物怖じしないというか。

そこで5つくらいのアルバイトサイトに登録をしました。

派遣社員のサイトにも登録をしました。

プレゼンテーションや商品説明、テレオペ、塾講師などの案件をずっとウォッチしました。

これらのサイトからのバイト情報のメールが多すぎてとてもうざかったですが(笑)。

お金がほしかったので選ばなければもっとたくさんできたのだと思いますが結局長続きしないとあまり儲かった感じがしません。

基本的には1年単位で続けられるものを探していきました。

効率よりも自分が売れるものが何かを見極めました。

アルバイト探しのハウツー

アルバイト探しの典型例と言えば、やはり電車などの公共機関に置かれているフリーペーパーです。

確かに、フリーペーパーに掲載されているくらいなのだから、かなり人手が足りていないこともわかりますし、電話をして面接すれば一発採用、といったケースも少なくはありません。

しかし、フリーペーパー故の欠点もあります。

それは、大体一週間に一度しか新しいフリーペーパーが発行されないことです。

これでは、どんなに自分にあっているものを見つけることが出来ても、週の真ん中の時に発見してしまえば時既に遅し、といったケースが見受けられるかと思います。

私も実際、短期の高時給アルバイトの申し込みは大体そのようなケースで面接すらしていただけないというパターンが多かったです。

では、どんな時に自分に合うアルバイトを見つけることが出来たか?それはやはりインターネットで募集しているアルバイトでした。

「ものすごく一般的」と感じるかもしれませんが、インターネットで募集するほど簡単で仕事が見つかる方法私にはないと思っています。

高時給のアルバイトは年々増え続けるインターネットユーザーに比例して、インターネットでアルバイトを募集する傾向にあります。

フリーペーパーと比較してみると一目瞭然ですし、紙媒体の募集と異なり自分の欲しい時給や条件を一発で検索できます。

アルバイトの探し方に困っている方のほとんどはインターネットで検索していなかったり、または一つのアルバイト募集のHPしか見ていないケースが多々あると思います。

やはりインターネットのちょっとした欠点といえば多くの人が見ることだと思います。

私の場合、時給も高く交通費も全額支給!というかなり条件の良いアルバイトに募集しましたが、私が悩んでいる間に募集が大量に来たため途中で広告が無くなってしまったケースがありました。

いかに早く、自分にとってエンジニアのように条件の良いアルバイトを見つけるか?それはあなたのアルバイト探しのキーポイントになることは絶対です。

良い会社で仕事を見つけるには人に聞くのが一番!

過去に何度かアルバイトをしてました。

しかし、アルバイトといっても色々な職種、業種があるので一概にどの仕事が良いとはいえません。

人によっては、楽をして稼ぎたいや、自分のスキルアップをしながら働きたい等色々とあると思います。

そんな人に参考になるかわかりませんが、私がアルバイトを探した時のやり方をお話させていただきます。

まず、良いアルバイトの探し方ですが、やり方は二つあります。

一つは実際にお店に行く事。実際にお店に行って働いている従業員やスタッフさんの働き方をみてみる、これは結構大事です。

モチベーションが高ければ質の良い働きをしてるはずですし、逆にだらだらと仕事をしているようであれば、職場環境はあまり良くないかもしれません。

二つ目にインターネットや直接会って自分が希望する業種、職種で働いた事がある人に聞く事です。

一昔前だとインターネットやSNSなんて便利な物がなかったので、情報を詳しく知る事ができず、実際に働いてみないとわかりませんでした。

しかし、今は、インターネットで何でも調べる事ができる時代です。

まずは働いてみようと思っている企業の名前を検索し評判を確かめる。

また、ツイッターやSNSをやっているのであれば、働いてみようと思っている会社で働いている人を探してみてください。

そして見つける事ができたら、その人に会社の雰囲気や職場環境などを質問してみるのが良いと思います。

SNSとはいえ、見知らぬ人にいきなり質問をするのは気が引けるかもしれませんが、事情を説明すれば大体の人は教えてくれます。

私も前のアルバイトを決める時は実際に働いている人に色々教えてもらい、働く事に決めました。

この様に実際に働いている人から色々お話を聞く事ができれば、自分に合ったアルバイトも探し易いのではないかと思います。

こうして私は転職しました

私はもともと工場で働いていました。

ただ、給与が時給月給であることや毎日2時間以上の残業、土曜日も出勤で最初の雇用条件と違うこと、体が見違えるほど大きくなるくらいの重労働に嫌気がさし、転職することを決めました。

まだ20代前半だったので転職先には困らないと思っていたことも理由の一つです。

そこで転職することを決めたあとにどうやって探すのか考えました。

一つは先に退職願いを出してハローワークを利用する方法です。

もしなかなか決まらなくても失業保険もあるのである程度探す期間ができるなと考えました。

もう一つは働きながら転職を目指す方法です。

転職サイトの数はすごく多いので空いた時間を利用して時間をかけて探していけるし、働きながらなのでもし失敗しても職を完全に失うことがないと思いました。

それで私が選んだのは働きながら転職する方法でした。

いくつか転職支援サイトを調べて、クチコミやシステムを勉強したらこっちのやり方がベストだと考えたからです。

まずは転職サイトの中からサービスの良いものを基準に3つ選びました。

それぞれ登録して希望を入力します。サービスと言いましたが、私が注目したのはスカウト機能というものです。

それは個人の情報を見た企業の方から気に入った人をスカウトするサービスです。

1週間ほど、3つとも使ってみて一番使いやすいサイトをメインにして、他のサイトはスカウト機能のメールを確認するという具合です。

この方法は自分でも上手く考えたなと思いました。

特に無理もせずに気持ちに余裕を持って転職することができたからです。

要した期間は3か月ほどで、探したり、決断する際も特に職種の希望がなかったことが自分の場合は良い方に働きました。

とにかくなんでもバイト経験です!

アラフォーな私のバイト経験はたくさんありすぎて忘れました。

年をとって(笑)思うのは、なにしろ若いころになんでもかんでも経験しとけばよい!!!ってことです。

といいますのは、バイト希望、経験者優遇!!

これ、よく見る言葉だと思います。

そうなんです、この経験者!!

この部分が大事なんだと年をとるごと強く感じるのです。

1ヶ月でも2ヶ月でも、、、とにかく、経験すれば経験者です!まちがいなし!

年をとってきたら、急に経験値はあげれませんので!!

資格も大事なんですが、資格よりも経験みたいですよ。そして年をとればとるほど、新しいことに挑戦はできにくいもんです。

だって40歳になってはじめての経験で20歳のがきんちょにいろいろ指導される、、、これは社会では当たり前ですが、でもなかなかきびしいものがありますよね。

ある程度、経験してればたとえ若い子の下になっても自分から動けるもんなんですよ、不思議なものです。

ただ本当にまるっきりはじめてなことって、だんだんと年とともに吸収しにくく、、、はっきりいって覚えが確かに悪くなるので、少しでも若いうちにたくさんの色んな経験をするのがよいと本当に思うようになってきています。

だから、いざアルバイトをさがそう!と思った時に、でも、働いてすぐやめるのも格好悪いしなぁ。とか、できるのかなぁ、不安できめれない。

とか、自分になにがあってるのかわからない。とか、いろいろ働く前に悩むより、とりあえず、やってみて、嫌で仕方がないなら、辞めればいい!

もしかしたら、すごく自分にあって、一生の仕事にしたい!って思えるような仕事をみつけることができるかもしれないし、逆に、この仕事は自分にはあっていないと、自己を知るきっかけになるかもしれないし。

また、色んな仕事についてでもいやだったらやめて、、、を繰り返すごとに、結局仕事なんて、生きるために、お金のためにはたらいてるだけで、どんな仕事でもいやなことも楽しいこともあるし、職場を変えようが仕事を変えようが一緒なんだ!って思って、やめることをやめるかもしれない!

だから私は若いうちからとことん色んなことに挑戦し、色んな経験値をあげるために、どしどしバイトをすればいいと思っています。

転職失敗対談でもしっかり調べて転職でしくじらないようにしましょう!

ページの先頭へ